ブサイク女の初セックス

投稿者:純也 45歳

男の元に逆援助交際でいいからと調教依頼のメールが届く。の女はブサイクだが良い身体を持った処女だった。

メス豚...。

その言葉はSMをしていればよく聞く言葉だ。

しかし綾乃ほど変態な女は出会った事はなかった。

出会ったのは昨年の秋だっただろうか...。

いつもパートナー探しに利用している出会い系だった。

全くSM未経験なので逆援交してもいいので、調教して欲しいとメールが私の元に届いた。

当時綾乃は28歳。

何度かやり取りし、顔写真を見せるよう要求した。

最初顔は躊躇していて最初送られてきた写真は全裸写真だった。

モデル並のプロポーションに私はこの身体をいたぶりたい、本気で思えてきた。

やり取りを始め2週間。

ようやく顔写真を送ってきた。

ものすごいブサイクな女だった。

綾乃は告白してきた。

彼女はまだセックス経験もない処女であった。

その処女を調教され、無理矢理でも奪って欲しいというのだ。

初体験から無茶苦茶にされ中にも出して欲しいと...。

おそらくブサイクな容姿のせいでこの歳までセックスできずにいたのだろう。

案の定その通りで、初体験を夢見ているうちにアブノーマルな世界に興味を持ちはじめたのだそうだ。

まぁ一発くらいはしてやってもいいか...軽い気持ちで会った。

早速専門のホテルに入り、全裸にした。

挨拶から躾を開始し、持参した器具でプロポーションの良い身体に調教の印を付けていった。

ブサイク女

性器への奉仕も教えなければならない。

これが処女の煩わしさだ。

舐め方から厳しい教育を始め、イラマチオでまずは精子を飲ませた。

奉仕させ再び勃起させてもらい女を縛った。

四つんばいにさせた体勢で背後からまだ未貫通の穴に挿入した。

痛がり暴れる女。

容赦なく根元まで突き刺した。

肉棒に綺麗な血が付いている。

構わず激しいピストン運動を続けた。

血が飛び散りシーツを汚す。

動きを速め子宮の奧に女の願い通り射精してやった。

泣きながらも理想の初体験を終え、少し笑みがあった。

その後も折角手に入れた性便器女だ、手放す理由もない。

流石に逆援交はしていないが、性欲が湧いてくると呼びだし、溜まった精子を抜かせている。

全ての穴は私に奪われ、調教でも歓喜の声で喜ぶまでになっている。

今飼っているレトリバーが発情期に入ってきた。

今度あの女に犬の性欲を解消させようと考えている。

犬に犯される女を見る楽しみが増え、ワクワクしている。

前後の記事

このカテゴリの最新記事

↑PAGE TOP