すぐ会えるセックスペットとの出会い。

投稿者:資産家令嬢 37歳

いつでも会える若い男を出会い系で見つけた女。逆援助で自由になる男を手に入れた女は...。

私は早くに他界した父の遺産を引き継ぎ、悠々自適な生活を送っています。

子供は欲しいとは思いますが、結婚する気はありません。

というのも、父が厳しく結婚相手にしか身体を許すな、と言われ続け、処女を捨てたのも父が他界した10年前でした。

相手は当時50代のおじさん。

誰でも良かったんです、処女を捨てられれば...。

遅くに性の悦びを知ったせいなのでしょうか、今は色々な男性とセックスを楽しめればいいな、と思っています。

男性との出会いの手段は、主に出会い系サイトです。

処女を捨てた相手も出会い系で見つけました。

今は3人のセフレがいますが、私が欲しいときに会える相手がいないのです。

そこで思いついたのが、逆援交。

お金の力で、好きな時に好きなように男の身体を貪れるからです。

その逆援交での募集に男性は殺到。

その中で時間が自由に使えそうな大学生の男の子を選び、呼び出したのです。

セックスペット

近所にある馴染のホテル。

そこがいつも最初にセックスする場所になっています。

そこの部屋に彼を呼んでいます。

彼が来る前にシャワーを済ませ、ゆっくりとワインを飲みながら待ちました。

部屋のチャイムが鳴る。

バスローブ姿で出迎えると、そこに彼がいました。

緊張の面持ちで挨拶を済ませ、私は部屋に招き入れました。

少しお酒を勧め緊張を解きほぐす。

そして彼にシャワーを浴びさせているうちに、私は部屋の灯を消し、裸のままベッドで待ちました。

彼が出てくると真っ暗な部屋。

ベッドの周りだけが薄暗く灯が灯っている。

彼をベッドに招き入れそのまま覆いかぶさり、若い男の肉体を貪りました。

一気に2回のセックス。

彼は汗まみれの身体をベッドに横たえ、本当に会えるなんか思っていなかったことを告白した。

その日のギャラを彼に与え、後日また連絡するから、と彼を帰しました。

そして今日、昼間から夜までは、彼と。夜から朝までは年上のセフレとセックスを楽しもうとホテルを予約しています。

今はセックスを知ったばかりの10代の娘のように、たくさん男に抱かれたいと思っている、淫乱女になっています。

前後の記事

このカテゴリの最新記事

↑PAGE TOP