僕は奥様の玩具...。

投稿者:智幸 21歳

出会い系で逆援助交際を求めてきた熟女。豊かな生活をする奥様の目的は...。

半年前、初めて利用した出会い系。

最初にメールをくれたのが彼女でした。

彼女は雪乃(仮名)さん。

亡くなられたご主人から会社を引き継ぎ今は会長職のマダムな熟女の奥様です。

(未亡人ですから奥様というのもおかしいですね。)

今や出会い系では僕のような年齢の男性は珍しく、若い男の子を探していた雪乃さんの目に留まったのです。

彼女は僕に逆援交を求めてきました。

彼女は50歳。

ともすれば自分の母親のような年齢です。

最初躊躇っていた僕ですが、逆援交と聞いて会うことにしたのです。

会ってみたら、とても50歳には見えないものすごい美人です。

50歳奥様

ですがその美人の奥様はすぐに豹変しました。

品のある容姿とはうってかわってドがつくほどのスケベだったのです。

雪乃さんの性の嗜好は、羞恥を中心とした痴女プレイです。

ビルの物陰でフェラチオされ変な気分にされました。

歩いてる人が隙間から見えました。

恥ずかしい...でも身体は反応し勃起していたのです。

勃起させられ生殺し状態のまま電車に乗せられ、車内で性器をまさぐられました。

指の刺激、ピクピクと反応し涎を垂らす陰茎。

恥ずかしい、でも見られてるかもしれないという感覚はさらに欲情を誘い、僕はそのままホテルに連れ込まれ、雪乃さんに抱かれたのです。

目隠しされ背後から陰部を触られたり、誰にも見せたことの無いオナニーまで彼女の前で披露しました。

彼女の嫌らしい言葉も僕を変態に変えていきました。

焦らされ弄ばれ、ようやく彼女の中に入りました。

それから毎週のように外で辱められその後ホテルで弄ばれる。

時には玩具で責められたりもしています。

もう僕は彼女の玩具...彼女の愛撫でないと満足なセックスのできない変態な男に変えられました。

その変わり彼女は僕に十二分のお金を与えてくれていて、生活も豊かになっています。

前後の記事

このカテゴリの最新記事

↑PAGE TOP