主婦友を交えての3P。女達のいけない出会い。

投稿者:ユキ☆マリ 32歳

欲求不満な人妻達は出会い系で逆援助の出会いを探した。目的は3P。

私とマリは中学の時からの友達です。

お互い同じころに結婚し、人妻になっても頻繁に会っているほどの友人なんです。

よく話をするんですが、内容は旦那の愚痴...。

二人で愚痴ってると決まって出てくるのが、セックスの不満。

特に回数が減ったとか時間が短くて欲求不満という話しばかり。

いつだったか、どちらからともなく出た話題が、3Pしてみない?って事でした。

私も密かに複数でのセックスに興味があったし、お互い同じ願望を持ってるんだって大笑いしました。

早速出会い系に登録し、体力と性欲の旺盛な男性との出会いを模索したのです。

3P

二人とも盛り上がってしまい、確実に3Pしたくて、費用は私達持ちの逆援交で募集したところ、大勢の男性から返事がきました。

じっくり時間をかけ選んだ相手は29歳の独身男性。

彼女もいない毎日オナニーしてる男性です。

1日のセックスの最高は5回という強者さんです。

やりとりをするうちに、どうせならじっくりやりたいね、ってことになり、どこか貸別荘でも借りて...そんな話しになりました。

お互い連絡先と顔写真を交換。

貸別荘も予約して実際に会ったのは2週間後でした。

マリと旅行に行く...そう言えば旦那も外泊を許してくれました。

私達はエッチな下着と貯めたへそくりを持って、強者さんは玩具を持参して彼の車で目的地に向かいました。

3時過ぎ、貸別荘に到着。

まずはビールで乾杯し、すぐに1回目の3P。

リビングで熱く絡み合いました。

夕食はニンニク料理で精をつけ、お酒を飲んで2回目の3P。

今度は涼しくなった外でハメまくり。

そしてベッドルームに移動し、玩具も使って何度も逝かされました。

マリは疲れたのか寝入ってしまい、その間に彼と二人きりで外でセックス。

朝は私が寝てる隙にマリと彼がセックス。

誰しもが疲れてるのに性欲だけは衰えない。

最後に昼間から3人で外でセックス。

もうセックス三昧な2日間でした。

逆援交するはずでしたが、結局は彼も交じって費用はワリカン。

すっかり複数でのセックスにハマッた私達は、定期的に単独で会ったり、3人で会ったりして性欲を解消しています。

前後の記事

このカテゴリの最新記事

↑PAGE TOP