逆援交で知りあったM男。

投稿者:レイコ 20歳

若くしてSに気付いた娘。出会い系で専用のM男を探すが...。

初体験は16歳。

初めてセックスしたときは、これで女になれた、経験できたとだけ感じていた。

その彼とは何度抱かれても快感は得られず、二人目の彼氏で快感を得た。

それは私が舐めてあげると、女の子のように声を出し感じてくれた。

舐めさせてあげると、もういいから...そう言わないとずっとクンニしてる、そんな男だった。

その時はSMなんか知らなかったし、自分にSっ気があるなんて知らなかった。

高校を卒業するころにSMというものを知り、自分がSだということに気付きました。

キャバ嬢から始まり、今はSMクラブで働いていますが、やはり自分専用の奴隷が欲しくなり、M男を探しに出会い系に登録したのです。

M男とS女

最初から逆援交しようと決めていました。

できれば初心者が良かったし、ならばお金で身体を自由にしたかったからです。

逆援交のお金と若い女王様に調教されたいと数多くの男達から出会い系を通じメールがきました。

その中から二人の男を選び奴隷にしたのです。

一人は19歳の男。

もう一人は48歳の私の父親と同じ歳のオヤジでした。

どちらも調教は未経験。

まずはオヤジと会い調教を開始したのです。

オヤジは自分の娘のような歳の女に責められ、歓喜の声を上げている。

身体中がゾクゾクした。

オヤジのアナルも貫通させた。

膣への挿入もなかったが、それだけで絶頂を迎えたほどだ。

もう一人のM男の19歳の男にも同じように責めた。

この子はまだ恥じらいがあり、一から躾しなければいけなかったが、それも新鮮で気に入った男になった。

この子は今一緒に暮らし、日常からの完全飼育している。

まだ童貞のくせにM男。

だからまだマンコには入れさせてもいない。

ただ毎日奉仕させ、絶頂に達する。

男は泣きながらオナニーで射精させている。

二人を交互に調教し、今では露出もできるような奴隷へと変わっている。

今ではたまに、挿入はさせているが、私の気が向いたときだけ...。

それもしっかりと命令を聞いたご褒美としてでだ...。

二人もの奴隷を得て、性生活は生まれて初めて充実してると言ってもいい。

前後の記事

このカテゴリの最新記事

↑PAGE TOP