• 逆交際TOP
  • 逆援交
  • 変態女との出会いで変わった、セックスライフ。

変態女との出会いで変わった、セックスライフ。

投稿者:ヨシユキ 50歳

出会い系で知りあった逆援助希望の熟女。特殊な性癖を持つ自称変態女は本物の変態へと歩み始めた。

妻と離婚して自由気ままな生活を楽しんでいますが、一つ不自由しているのがセックスです。

未だに性欲も強くオナニーも頻繁にしています。

風俗にも通っていますが、やはりヤリたい時にできる女が欲しくなります。

出会い系に登録したのもそんな女が欲しくてです。

若い男が性的な欲求を失い、若い娘が私達おじさんにも簡単に身体を許す昨今ですが、実際に会ってもセックスまで行かないのが現実でした。

(しかし、何人かの娘とはセックスできましたが...)

たまにはノーマルじゃないセックスでも...そう思っていた時に見つけたのが、五十路熟女の書き込みでした。

五十路熟女

しかも逆援交での募集でした。

メールのやりとりが始まり少しずつ彼女の事がわかりはじめてきました。

彼女は若いときに中絶経験があり、それが理由で子供の産めない身体になりました。

それを隠して結婚。

ですが、昨年ご主人を亡くされ思い描いていた願望を叶えようと出会い系を利用し始めました。

最初にメールしたのが私だったのです。

年齢も近いこともあり、すぐに会おうということになりました。

メールしたのが休日の昼間。

その日の夕方には飲みに行ったのです。

逆援交でお金をもらう歳でもないので援助は断りましたが、どうしても、というのでデート代をもってもらうことになり盛り上がりながら飲んでいました。

酔いも回り始めた頃、彼女にどんな願望なのかを聞きました。

メールでも恥ずかしいから、と躊躇っていた彼女も徐々に自分の性癖や願望を話し始めました。

彼女は自分でも認識してる変態女でした。

結婚してから徐々に変態な行為に興味を持ち始めたそうです。

しかしご主人とは体験したこともなく、ましてや他の男とも経験はなかったのです。

変態行為を映したDVDを見ながらのオナニーやご主人に抱かれながらも頭の中では変態行為してる自分を思いながら抱かれていた。

ご主人が他界され、今まで抱えていた変態な願望を実現したくなったそうです。

中でもレイプ願望が強く、乱暴に犯されてみたい...それが最初に実現したいセックスだったのです。

それを聞いてるだけで欲情してきました。

居酒屋の個室。私は彼女に覆いかぶさりました。

服を引き裂き乳房を貪りました。

恐怖で引きつった彼女の顔。

抵抗するので頬にビンタし、下半身を愛撫。脱がすのもまどろっこしく、ストッキングを破る。

そしてそそり立ったイチモツをぶち込みました。

人が行き交う音、陽気に騒いでる中で私は彼女を犯し、膣に射精しました。

満足そうな彼女の顔。

彼女自身自分がドMなのを確信した瞬間でした。

おしぼりで精液を拭い、コートで破れた服を隠し店を出ました。

気兼ねない独身同士。

その夜はホテルで様々なシチュエーションでレイプしました。

今では様々なシチュエーションを設定し手の性行為や屋外セックス、露出、ソフトSM...回数を重ねるたびに真の変態女になっていく彼女。

とうとう昨日一緒に住むことになり、今夜も変態な性行為を楽しもうと考えています。

前後の記事

このカテゴリの最新記事

↑PAGE TOP