出会い系を利用する女は、浮気願望100%。

投稿者:他人棒を知りたい 30歳

長年一緒にいる旦那を裏切り、女は浮気願望を逆援助で実現した。出会い系で出会った男は逞しい持ち物を...。

旦那とは中学時代から付きあいだし、8年前に結婚しました。

2人の子供にも恵まれ幸せな生活です。

でも交際から数えると長い年月。

最近ではセックスも回数が減り、年に数えるほどになりました。

でも私も肉体は若く、年に数回の営みでは満足できずにいました。

欲求不満は溜まり、いつしか浮気願望が芽生えてきたのです。

雑誌の広告で見つけた出会い系サイト。

私の浮気願望は一気に膨れ上がり、他人に抱かれる自分を想像すると、つい出会い系に登録していました。

浮気願望

出会い系における攻略法も書かれてあり、逆援交で募集すると自分の好みにあった男性と会える確率がアップする、とのこと...。

私も勇気を出して、逆援交で募集をしていました。

男性からの反応も早く、私の手元には大勢の方からの返事が...。

確かにこれだけ多ければ自分の好みにあった方を選びたい放題です。

その中から顔写真を載せていた、優しそうな同じ歳の方を選び返事を出しました。

運良く話しも合い、すぐに食事でも行こうという話しになりました。

私もまずは食事なら...そんな気軽な気持ちで彼と会いました。

旦那は理解のある方で、月に一度程度友人と飲みに行ったりするのを許してくれます。

その日もそれを理由に彼と会ったのです。

元々お酒に弱い私が、お酒を飲んだのがいけなかったのでしょうか...。

いつもより回りが早く、気がつけばホテルに連れ込まれていたのです。

目を覚ました私を見つけると彼はそっとキスをしてきました。

朦朧とする意識の中、私も舌を絡めていました。

結果的にはお酒を飲んだことは良かったのでしょう。

でなければ、こんな所に入るのさえ躊躇い、ましてや唇を重ねることすらできなかったでしょう。

旦那とのキスも初体験も付きあいだして1年くらいでしたから...。

旦那とは違う愛し方に次第に身体は熱くなります。

旦那以外のモノを見せられました。

それは旦那のよりも一回り...いえ二回りは太く大きく逞しいモノでした。

「こんな大きなモノが入るの...?」

怖さもありましたが、顎が痛くなるくらいに頬張っていたら、いつしかそんな怖さも薄れ、私自身も受け入れを整えるかのようにアソコは熱く濡れ入ってくるのを待っているようです。

「我慢できない!」

彼はそう言いながら私の足を開き、逞しい男性自身を埋め込んできました。

出産を経験し緩くなった割れ目ですが、彼のはいっぱいに穴を拡げています。

激しく突かれ、私は生まれて初めてセックスで絶頂を感じたのです。

絶頂と友に痙攣する膣。

彼のモノは締めつけられ、その後数回の突き上げで彼も射精を促されたのでしょう、勢い良く抜くと同時に私の顔に熱い精液を放ちました。

旦那とでは味わえなかったセックスに私は彼の虜になりました。

誰にも言えない秘密を抱えた密会が身体に火をつけたのでしょうか、毎回彼は逝かせてくれます。

ホテル代を持つだけの逆援交ですが、平日の昼間など週に1回は彼に抱かれています。

前後の記事

このカテゴリの最新記事

↑PAGE TOP